面倒くさいと言わなくなる?面倒くさがりの心理と改善方法とは?

こんにちは、きよしです。

今回は

面倒くさがりの心理と改善方法

についてお話したいと思います。

あなたは「面倒くさい」と

思ったことはないですか?

って、思ったことがない人のほうが

少ないとは思いますが・・・(笑)

このようにほとんどの人は

「面倒くさい」と思ったことがあるんですよね

ですがこの「面倒くさい」という感情

仕事上は邪魔になってくるんですよね。

ではなぜ「面倒くさい」と思ってしまうのででょうか?

面倒くさがりの心理とは?

動画でもお話していますので

こちらもご覧ください。

「面倒くさい」と思うのには、

  • 「できるのにやらない」心理
  • 「できないからやらない」心理

の二種類があります。

「できるのにやらない」心理には

  • 我慢する ・・犠牲感
  • しなければならない ・・義務感
  • 強制される ・・不自由感

などの感情に対して不快感を感じて

それに腹を立てたり、反発することから生まれる感情です。

「できないからやらない」心理というのは

いわゆる完璧主義と言われるもので、

完璧にしようとするとものすごく大変。

完璧にできないのなら一切しない。

という心理になります。

この背景にはコンプレックスがあり、

自分の不完全さを感じる挑戦を避けようとしています。

面倒くさがりの改善方法は?

ではどうすれば面倒くさがりが改善できるのでしょうか?

「できるのにやらない」心理の場合

簡単に言えばやる気になればいいんです。

とはいったもののやる気になるってなかなか難しいですよね

そんなときには

  • 作業興奮(とりあえずやってみてそのことで作業興奮状態に)
  • やる目的を考える(再度目標を再確認する)

などの方法が考えられますね

作業興奮についてはこちらの記事でも

詳しく説明しているので参考にしてください。

⇒モチベーションを上げる方法は?

「できないからやらない」心理の場合

この場合は、要求水準を見直す必要があるかもしれません

最初から完璧にこなすことはできないので

ある程度不完全さを許すことも必要かもしれませんね

最後に

個人的には「面倒くさい」という言葉は使うべきではないと思います。

実際にビジネスで成功されている方は

仕事に関して「面倒くさい」という言葉は使われていないはずです。

それに「面倒くさい」という言葉って

いっただけでやる気なくなりませんか?

そんな言葉使う利点なんてないですよね

小さなことかもしれませんが

こういった小さなことからコツコツと変えていくと

ビジネスで成功するマインドになっていきます。

どうしても「面倒くさい」と思ってしまう方は

今回お話した改善方法も試してみてください。

【当サイト訪問者には無料プレゼントキャンペーン中】